東京みやげ「すいーとぽてたまご」の記録

すいーとぽてたまごの外観食品・ドリンク

すいーとぽてたまご

前に食べて美味しかった東京みやげ「すいーとぽてたまご」。

東京駅でまた買ってきました。

東京駅で買える売店はこちら

すいーとぽてたまご東京駅売店の地図画像:東京玉子本舗

すいーとぽてたまごの外装

派手なようで地味めな包み紙。
地味なようでアクセントのある包み紙。

おみやげで貰ったら、「なんだろ、これ?」って期待してくれること間違いなし。

賞味期限が20日くらいあるので、バラマキ用の東京みやげにもいいですよ。

すいーとぽてたまごの賞味期限

地味に嬉しいのが、個包装ごとに賞味期限がプリントされていること。

1個1個に賞味期限を記載されていることで、早々に外箱を捨ててしまっても大丈夫です。
「あれ?いつまでだっけ??」ってことにもなりません。

Kaua
Kaua

今までに何度もこのピンチを迎えたことがあります!

東京たまご すいーとぽてたまごの中身

すいーとぽてたまごの外観

中身を注入した時にできたと思われるでっぱり。

色といい若干アレな感じもしますが、これはこれで面白いと思うのですがどうですか?

Kaua
Kaua

純粋にたまごの形です!

 

袋を開けると、甘いサツマイモの香りが漂います。

すいーとぽてたまごを割ったところ

中には何とも美味しそうなサツマイモがたっぷり。

外も中も柔らかいので、硬いものが苦手な方でも全く問題ありません。

 

一流ブランド「鳴門金時」の旨味

東京たまご「すいーとぽてたまご」に使っているサツマイモは鳴門金時。

鳴門金時は徳島県を代表するブランドで、食物繊維が多く、ビタミンCやミネラルが豊富に含まれています。

鳴門金時

鮮やかな黄金色と糖度の高さが特徴で、焼き芋、天ぷら、大学いも、スイートポテトなど、食事やスイーツなど、子供から大人まで喜ばれるサツマイモです。

Kaua
Kaua

だからおみやげ用のお菓子にもよく使われています!

東京たまご「すいーとぽてたまご」は甘いものがお好きな方に

すいーとぽてたまごの中身の図解

東京たまご「すいーとぽてたまご」は、鳴門金時を焼き芋にし、そこにバターや生クリームを加えてあんを作ります。

Kaua
Kaua

サツマイモだけで食べる時と比べると、コクと甘みを強く感じる!

餡の外側は紫いもで染めたホワイトチョコレートでコーティング。

さらに餡とホワイトチョコレートの間にはカステラが入っています。

焼き芋のお菓子というよりは、サツマイモを使ったスイーツ。

口の中ではサツマイモの香りと甘みがほんのりと広がります。

Kaua
Kaua

純粋にサツマイモを味わいたい人よりは、甘みが増したサツマイモスイーツを食べたい人向き!

すいーとぽてたまごのカロリー

カロリーは1個96kcal。

食べた時の甘みと比べると、カロリーは思ったより低かったです。

東京たまご「すいーとぽてたまご」を購入できる場所

東京たまご「すいーとぽてたまご」は、東京駅以外でも買えますよ。

  • 銀座たまや本店
  • 大丸東京店
  • 鉄道の売店
    ・東京駅
    ・品川駅
    ・上野駅
    ・大宮駅
    ・新横浜駅
    ・八王子駅
  • 羽田空港・成田空港
  • 高速道路サービスエリア
    ・海老名サービスエリア(下り)
    ・市原サービスエリア(下り)
    ・羽生パーキングエリア(下り)
    ・守谷サービスエリア(下り)
    ・厚木パーキングエリア

詳しい場所はホームページで確認できます。

すいーとぽてたまご
東京たまご「すいーとぽてたまご」
8個入、12個入、18個入
 

コメント